作品

ガレ 木瓜文ランプ
H:53cm NEW

ガレ 水草文小花器
H:6.8cm SOLD

ガレ 草花文香水瓶
H:11cm NEW

ガレ トンボと睡蓮文蓋物
H:6.5cm 

ガレ 蝶文蓋物
H:7.5cm 

ガレ アネモネ文花瓶
H:12cm SOLD

ガレ 蝶と草花文花瓶
H:13cm SOLD

ガレ 花文花瓶
H:16cm

ガレ カマキリ文花瓶
H:12cm

ガレ 貝と風景文栓付瓶
H:22.5cm

ガレ アイリスと睡蓮文花瓶
H:47cm

ガレ アイリスと睡蓮文花瓶
H:53cm

ガレ 桜草文香水瓶
H:16cm 

ガレ 芍薬文花瓶
H:52cm 

ガレ 風景文花瓶
H:38.5cm

ガレ 風景文花瓶
H:37cm 

ガレ スグリ文水差し
H:8cm 

ガレ 花文花瓶
H:20cm 

ガレ アネモネ文花瓶
H:14.5cm 

ガレ 風景文花瓶
H:32cm 

ガレ 風景文花瓶
H:35.5cm 

ガレ 風景文花瓶
H:43cm 

ガレ 海洋生物文花瓶
H:35cm 

アザミとロレーヌ十字文花瓶 カトレア文花瓶 笹に雀文花瓶
H:25.5cm H:15cm H:27.5cm

Emile Galle エミール・ガレ

1846    5月4日、ナンシーに生まれる。
1864    父が経営するガラス陶磁器の会社でデザインを担当。
1866    ワイマール留学。
1867    マイゼンタールのシュヴェーラー工房でガラス製作を学ぶ。
1877    父の会社の経営を引き継ぐ。
1878    パリ万博出品。月光色ガラスを発表。
        陶器とガラス部門で銅賞を受賞。
1884    装飾美術中央連盟展出品。
1885    フランス植物学会会員となる。
1889    パリ万博、ガラス部門でグランプリを獲得。
        陶器、家具部門でもそれぞれ金、銀賞を受賞。
1894    5月29日、ナンシーに独自の工房を開設。
        5月31日、社名をクリスタルリ・ガレとする。
1898    マルケットリー、パチネの技法を考案。特許を取得。
1900    パリ万博、マルケットリー他の作品を多数出品。
        グランプリを獲得。
1901    ドームらとともにナンシー派設立。初代会長となる。
1904    9月23日、白血病で逝去。
        その後も1931年までガレブランドの製品の生産は継続された。